薬学生から医学生、その先へ

薬学部から医学部に学士編入した医学生によるブログ。専門はがん幹細胞。アカデミックを目指しながら、事業にも挑戦中。

札幌国際がんシンポジウム

f:id:medical-business:20190719225636j:plain


久々の更新です

テストラッシュがしんどいこうせいです

さて、先日7/12,13,14と札幌国際がんシンポジウムが開催されました。

たまたま今通っているラボが主宰だったため、学部生にも参加のチャンスをいただきました。

続きを読む

核となる「ブランド」

f:id:medical-business:20190710173508p:plain
こんにちは

商品開発に余念が無いこうせいです

さて、今回の記事ですが、「ブランド」というテーマで書きます。

先日、メンタリングをしていただいたキャピタリストさんから「ブランドを大事にしてほしい」と言われました。

 

世の中にはありとあらゆるものが溢れている。 

でも、みんなそれぞれ物を選んで買っている。

 

そんなことに注目するうちに物のブランドについて深く考えるようになってきました。

続きを読む

成長曲線から逆算する

f:id:medical-business:20190708113932j:plain

こんにちは!

先週の金曜日にMakersのプログラムでEIGHT ROADS(https://eightroads.com/en/)というベンチャーキャピタルのキャピタリストさんたちにメンタリングをしていただきました。

なんの実績もない若者にEIGHT ROADSの皆様にお時間を割いて頂けるなんて本当に貴重な経験でした。

このような場所を提供していただいたMakersのスタッフの皆様にも本当に感謝です。

続きを読む

いらない世界を考える

f:id:medical-business:20190624005206p:plain


今日は、同じMakersの4期生の岡田さきちゃん(@skntwr17) とジンギスカンを食べてきました。

彼女は、慶応義塾大学に通いながら、次世代のAEDを開発している学生です。

彼女の詳しい事業内容についてはリンクを貼るので見てみてください!

aed-i.co.jp

続きを読む

感謝とテンション リバネス丸さん

f:id:medical-business:20190619154746j:plain
先日、株式会社リバネスhttps://lne.st/のCEO丸さんにお会いし、ジンギスカンをご一緒させていただきました。

リバネスさんはMakers Universityのカリキュラムでもお世話になっている企業さんです。

リバネスは、出前実験授業や、大学の研究シーズを事業化するコンテストを行い、ユーグレナやジーンクエストなど多数の企業を生み出しているすごい企業です。

 

僕がリバネスに圧倒的な魅力を感じているのは、リバネスの出発点は理系の研究者集団であるということ。

そして、サイエンスコミュニケーターの育成と創業者の育成を目指すということ。

研究者の端くれでもある僕にとって、サイエンスを主軸に据えたリバネスさんの事業はとっても魅力的でした。

続きを読む

クラウドファンディングの準備を始めます

f:id:medical-business:20190613203302j:plain

さて、そろそろクラウドファンディングの準備を始めようと思います。

現在、圧倒的な資金難でして、僕のポケットマネーからちまちまと出しながら商品開発をやっている状況です。

ただ、商品開発に関しては、サタデイズチョコレートさん(https://www.saturdayschocolate.com/)のご厚意もあり、なんとか助成金と自己資金だけでまかなえそうです。

続きを読む

試作2回目オーダー!

f:id:medical-business:20190609184219p:plain


こんにちは、週末の北大祭を満喫したこうせいです

Holoeyesの杉本先生のご講演を聞くことができたのはほんとにうれしかったです

こんなビッグネームの先生を呼ぶなんてさすが北大。

続きを読む

ここ数日もやもや、東京行くぞ!

f:id:medical-business:20190606131259j:plain

先日、

とツイートしたところたくさんの友達から返信がきました。

ありがとうございます。

 

ここ数日なぜかあっぷあっぷになってたので、思わず(普段はネガティブな面は見せないようにしている笑)つぶやいてしまいました。。。

僕にくれたありがたいみんなの言葉を紹介します。

続きを読む

道の選択

f:id:medical-business:20190604193850j:plain

 

最近は、英語を常に聞くようにしている。

自分はまだ若いから漠然と思っているだけかもしれないが、理由は、はやく日本を飛び出してみたいから。

今僕が参加しているMakers(@MAKERS_U)というプログラムでは、フィリピンやミャンマー、モンゴル、ガーナで事業をしていたり、世界のどこにいるかわからないやつなどほんとに面白いやつがたくさんいる。

彼らと接しているから、世界が近く感じているのかもしれない。

 

ただ、僕は、ニュージーランドに留学したり、ミャンマーで国際医療ボランティアをしていたことがあるから、日本の素晴らしさは重々承知している。

安全だし、物価は安いし、食べ物はおいしい。

でも、北海道にきてから自分のコンフォートゾーンを飛び出して活動しているうちに、日本という場所を飛び出したいという想いが日に日に強くなっていく自分もいる。

もちろん、海外に行ったからといって何が変わるかはまだ言語化できてないけど、たぶん何かが確実に変わる自信はある。

続きを読む

弱さを出す

f:id:medical-business:20190602171807p:plain


研究に、勉強に、事業に。

いろんなことをしていると自然と無理をするようになってしまう。

どの分野でも自分より大きな成果を上げている人たちはたくさんいて、自分なんかまだまだで越えるべき山はまだまだいくつもあって。

その山を越えようとして頑張っている間に、いつのまにか弱音を吐けないようになってる。

たぶん、誰もやっていないことに挑戦している人なら皆が経験することのような気がします。

続きを読む

「こうあるべきを捨てる」

f:id:medical-business:20190530151104p:plain

なんとか薬理の試験を合格したこうせいです

100点満点の60点合格の試験で、68点でなんとか合格でした。

盛大に平均点は下回っていましたね笑

ほんとに薬学部出身かいって感じですわー笑

 

さて、今回は、soarの記事で心に刺さる記事を見つけたのでそれについて書きます

 soar(ソアー)とは?

soar(https://soar-world.com/about/)は、

人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていくメディア

です。

障がいや病気を患った方、社会の中でマイノリティの方にスポットライトを当て、その方の生の声を届けるメディア。

僕も難病患者の支援を意識し始めた頃から読んでいます。

人は自分の生きている世界しか見えないことが多い。

でもそれは仕方ありません。自分の生活範囲も出会える人の数も限られているので。

しかし、soarを読むことで、自分の価値観、世の中を見る目線を養えていると思います。

f:id:medical-business:20190530143858p:plain

このメディアに今回めちゃくちゃ共感できる記事がアップされていました

   

自分を苦しめる「こうあるべき」を捨ててみよう

今回僕がめちゃくちゃ共感した記事のタイトルです。

soar-world.com

このタイトルを読んだ瞬間に、「こうあるべき」に縛られている自分が走馬灯のように思い出されました。

今回は、内科医の鈴木裕介さんのインタビュー記事です。

鈴木さんは、医師として働き始め、日々の業務の中で心と身体の乖離が生じ、朝起きれなくなってしまいました。

その経験から、メンタルヘルスの支援を始めたとのことです。

 

全部書いてると長くなってしまうので、僕が共感した言葉を並べます。

世の中には、自分の幸せに直結しない「べき」の方が多いんですよね。

  1. もう20代後半なのだから、しっかり働き、ちゃんと稼がなければ。
  2. せっかく好きなことを仕事にできたのだから必死で頑張らないと。
  3. 多少の辛い体験は自分一人で乗り越えるべきだ。

他人の期待にとらわれてブレーキを踏めない自分

誰もが少なからず、親や世間から、知らず知らずに「こうあるべき」をインストールされているんですよね。〇〇歳で結婚して家を持つべきとか、公務員と結婚するべきとか。時代の変化によって価値観そのものが揺らいでいるのに、幼少の頃から刷り込まれてしまっているものだから、なかなか脱ぎ捨てられない。親や世間の期待と現実の狭間で苦しんで、自分を肯定できない人は増えているように思います。

あらゆる「こうあるべき」のなかで、自分を本当に幸せにしてくれるものなんてそんなにない。だから、それが本当に心から望んでいる「べき」なのか、ただ苦しめられている「べき」なのかを、自分で判別するのが大切です。

自分のすべてを開示する勇気がないと、なかなか安全基地はつくりづらいかもしれないね。もちろん、急にすべてを見せられなくても良いと思うんだ。でも、せめて小出しにしてみる、相手に寄りかかる練習をしてみてほしいです。器用な人は、寄りかかるフリができてしまうんだけど、そうではなくて。心から思っていることを開示してみること。

自分がイマイチだな、しょっぱいなって思っている部分って、実はその人の魅力と密接につながっているんだよね。そのいびつさを受け入れてもらえた、それによって、一層相手と深い関係が築ける。その経験があれば、きっと自分に対して「嫌いだけど仕方ないな、今世はこれでやってみるか」って思える。

期待に応えようとして頑張ることは否定しません。でも、人の期待をエンジンにしていると、フェンスにぶつかるまで、自分でブレーキを踏めないのが問題なんです。仕事でもプライベートでも、限界まで心身を追い込まないと止まれないし、休むのも下手なので回復にも長い時間がかかってしまう。

きっと「期待には応えなければいけない」と決めつけているかもしれないけど、無理なんですよね。すべての他人の期待に応えつづけるなんて、絶対にできない(笑)だから、自分を本当に大切にしてくれる人をしっかりと見極めて、その人との関係を大切にできるように取捨選択していった方が良い。自分を本当に大事にしてくれる人を大事にすることが、自分を大事にすることにつながる。

善き友がいれば安心できる。心安らげる足場があれば、仮に辛い出来事があっても、建て直していける。自己肯定感が低い人、つい他人の期待に応えようとしてしまう人は、まず善き友と出会えるよう、頑張ってみてほしいです。

 

これ以上書いていると真っ赤になってしまうのでここらへんにしておきます笑

詳しくはsoarさんの記事を読んでいただければと思います。

https://soar-world.com/2019/05/29/yusukesuzuki/

ほんとにこの方人生何回目なんだって感じでした。。。

人間の機微を本当によく理解してらっしゃる。

 

周りと違うことをしているとどうしても不安になったり、成功するか悩んだり。

そんなことの繰り返しです。

でも、応援してくれる人もたくさんいるのも事実です。

自分を応援してくれる人との関わりだ大事にすること。

成功にとらわれずに成長にこだわること。

自分の心が落ち着く感覚を探りながら、世の中の全ての事象とちょうどいい距離感を探っていきたい。

 

「こうあるべきを捨てる」

 

頭ではわかってはいるけど、なかなかできないこの言葉。

大きな決断の時には思い出したい。

   

深夜実験!

f:id:medical-business:20190527164249j:plain

こんにちは!

薬理学の試験を終えたこうせいです!

「薬学部出身だったら薬理余裕っしょ?」

て100万回くらい言われましたが

医学部の学生が、解剖学の単語を忘れるように薬も忘れるのでちゃんと勉強しましたよ笑

試験の結果ですが、たぶん大丈夫でしょう!笑

 

 

続きを読む

病理の勉強で便利なサイト発見!

f:id:medical-business:20190521165808j:plain

こんにちは

病理学の実習を終えてきたこうせいです

今日、顕微鏡で組織切片の染色像を見ながら、どれが腫瘍かな〜。どれが炎症巣かな〜。なんて友達と喋りながらやっていたら、病理実習で使える最強のサイト見つけちゃいました。

続きを読む