薬学生から医学生、その先へ

薬学部から医学部に学士編入した医学生によるブログ。専門はがん幹細胞。難病疾患の研究環境を変えるべく奮闘中。楽しいこと、面白いこと大好き!!!

時間とお金と命

スポンサーリンク

さて今回は

 

僕が以前YouTubeをぼーっと見てたときに、見つけたスピーチを紹介します

 

 

 

この話をしている人のことはよく知りません(笑)

 

一番このスピーチでドキッとしたのは、動画のサムネにもあるのですが

 

悪魔があなたの寿命を少し売ってくれと言ってきたら

いくらで売りますか

 

という問いです

 

 


やる気のなかった大学生300人を感動、本気にさせた伝説のスピーチ

 

 

今、僕は22歳で今まではいくら時間を浪費しても、まだまだこれから長い人生だからいいやって思っていました

 

でも、大学の卒業、その後の編入を経て

 

大学生活、ひいてはいろんなことに挑戦できる20代の時間ってすぐおわっちゃうんじゃないか

 

って思うようになってきました

 

もし僕より、いろんな経験をされてきた大人の方々が読んでいただいているならきっと理解していただけるのではないかと思います

 

ちょうど以前紹介した「お金2.0」を読んでいたこともあり、時間とお金の関係を深く考えるようになりました

 

www.med-pharm-blog.com

 

 

先ほどの動画の質問を少し変えて

 

あなたの寿命を1年分売ってくれ

 

といわれた時、いくらなら売れるだろうって考えました

 

 

もちろん、親からいただいた大切な命なので安く売れるわけがありません

 

 

そこで僕がはじき出した値段は

 

1000億円

 

でした

 

 

みなさんにとっては高いですか?安いですか?(笑)

 

さらに、1年が8760時間なので、1時間あたりの値段を出したところ

 

約114万円

 

になりました

 

 

この数字を出してから、なんだか時給980円でバイトをしていることに疑問を持つようになりました

 

もちろんバイトはお金だけでなく、社会勉強であったり、人との出会いであったり

、いろんな素晴らしい要素がありますがいったんそのあたりは置いておきます

 

そして読んでいた「お金2.0 」では、これからは価値主義社会が到来する

 

自分の価値を高めることに専念すべきだ

 

と書いてありました

 

 

ちょうど卒業のタイミングでバイトを辞めたこともあり、それ以来バイトはしていません

 

バイトに使っていた時間を

 

東京に行っていろんな人に会ったり

 

IFMSAなどの活動にあてたり

 

医学の勉強をしたり

 

実験をしたり

 

 

とにかく、自分の価値の向上のために使っています

 

もっともそれも親からの経済的支援があってのことなので本当に感謝しています

 

 

周りとは違う自分の価値の創造に奮闘する毎日です

 

このブログもその一環だったりします

 

 

 

ではおやすみなさい!