薬学生から医学生、その先へ

薬学部から医学部に学士編入した医学生によるブログ。専門はがん幹細胞。難病疾患の研究環境を変えるべく奮闘中。楽しいこと、面白いこと大好き!!!

総合大学の魅力

スポンサーリンク

こんにちは!

 

今日は総合大学の魅力について書きたいと思います

 

 

たぶん、僕がいまどこの大学の医学部に編入したかは

 

プロフィールとか今までの記事などみていただければわかると思いますが(笑)、

 

 

とにかく大学の規模がでかいです

 

 

キャンパスの端から端まで歩くのに30分くらいかかるってのにはびっくりでした(笑)

 

 

 

 

以前通っていた大学も総合大学ではあったのですが、医療系学部だけ街のはずれに追い

やられているような状況だったので、なかなか閉鎖的な環境でした

 

 

それはそれで関係が密になってよかったのかもしれませんが、

 

 

僕は20代のうちは

 

いろんな専門の人と関わって、いろんな価値観を吸収するべきだと思っています

 

 

今の大学は、12学部が同じキャンパスで学んでいます

 

 

これは僕にとってはとてつもない魅力でした

 

 

今まででは絶対に関わることがなかったであろう

 

獣医学部や、水産学部、農学部などいろんな専攻の方と話をする機会がたくさんあります

 

 

彼らの目標とか夢とか聞くと、

 

自分には想像できないような考えや想いがあってかっこいいなあって思うことがいっぱいです

 

 

ちょっとビジネスライクな話になってしまいますが、

 

医工学や、ティッシュエンジニアリングなど異分野融合が

 

重要視されているいま

 

こういった出会いがあればあるほど将来とてつもない力を発揮するんじゃないかと思っています

 

 

医学部だけで見ても

 

今までは話したことなかった

 

放射線技術科学専攻や、や、作業療法学専攻、理学療法学専攻、検査技術科学専攻の友

達や先輩、後輩と話す機会もたくさんあり

 

 

「あ、この専攻の人ってこういう勉強してるんだ」

 

「ここの分野よくわかんないからいつか教えてほしいな」

 

とかいろんなことを思います

 

 

 

誰だって自分の専門分野以外は素人同然なので

 

こういう出会いはすごくうれしいです

 

 

今後も学生生活の中でどんな人と出会えるのかすごく楽しみです

 

 

 

僕の友達で

 

大学院を変えて進学した人は

 

別の大学をみることで、設備的な違いはもちろん、所属している人の違いも見ることが

できて、すごくプラスになった

 

と言っていました

 

 

僕も、最初大学を変えるときは、今までの大事な友達や先輩、後輩と別れなければならないさみしさも強かったです

 

 

それでも、心地よい環境に甘えずにあえて、環境の変化を受け入れることで得られるメリットはたくさんあるんだなって思いました

 

 

 

もし、今大学4年生で、大学院進学などで進路を迷っている人がいるなら

 

思い切って別の環境に飛び込んでみたら、自分の成長に必ず繋がると思いますよ!

 

 

ではまた!!!