薬学生から医学生、その先へ

薬学部から医学部に学士編入した医学生によるブログ。専門はがん幹細胞。難病疾患の研究環境を変えるべく奮闘中。楽しいこと、面白いこと大好き!!!

爆速で成長する学生エンジニアYukiくんに会ってきた!!!

スポンサーリンク

f:id:medical-business:20180928215656j:plain

 

こんにちは!

晩ごはんを食べて帰ってきたこうせいです!

 

今日は、写真にもあるように、札幌に住むフリーランスのWebエンジニアのYukiくんに会ってきました!!!

 

まだはたち!若い!(笑)

 

twitter.com

 

 (↓Yukiくんのブログとポートフォリオ)

まだプログラミングやってないの? 

https://yukinishimura.net/

 

Yuki Nishimura

https://yukiportfolio.work/

  

 

以前からお互いTwitterで知ってはいたものの会うのは今日が初めてでした!

ぼくのお会いしてみたい人リスト四天王の一角でもあります(笑)

 

f:id:medical-business:20180928220339p:plain

お会いしたい人リスト

 

きっかけは数日前、ひまだった僕が28日空いてないですか?って連絡したことでした。

するとYukiくんからこんな返信が(笑)

 

「僕ちょうど今日こうせいさんに連絡しようと思ってたんですよ!」

 

ほんとか!?!?(笑)

 

と、まあなにかの運命だと思い

 

「これはもう会うしかないな」と、僕の直感が叫びお会いすることに(笑)

 

f:id:medical-business:20180928220846p:plain

ほんとに!?(笑)




 

札幌駅近くの定食屋で、僕はチキン南蛮を、Yukiくんはからあげをもぐもぐしながらお互いのことについて話しました。

 

Yukiくんは、現在慶応大学の通信課程に通いながら、独学でプログラミングを勉強しつつ、フリーランスのWebエンジニアとして活動しています。

 

なぜこの経緯に至ったのかずっと聞いてみたかったことがようやく聞けました。

内容は詳しくは書けませんが、挫折や苦労を乗り越え、それでもプログラミングを武器に生きていこうとしていることを力強く語ってくれました。

 

その目は力強くて、僕がはたちの頃に比べたらとても敵わないなって感じました。。。

 

そして、これからの社会のなかでプログラミングというスキルがより一般大衆化することを予測して、次の世界を冷静に考えているところも見習わなければとも思いました。

 

そういえば、誰かが

「プログラミングも今は一部の人にしかできないスキルだけど、昔のエクセルもそうだった。時間がたてば、プログラミングもエクセルと同じように誰でもできるスキルになるだろう。」

って言ってたっけな。

 

 

そして、僕の難病の情報発信のプロジェクトについてや研究のプラットフォーム作りのプロジェクトについても真剣に聞いてくれました。

特に情報発信の分野に関してはYukiくんのやっていることとすごく親和性が高いので、今後一緒になにかやっていけたらなと思っています。

 

また、僕はプログラミングなどのその辺のことについては

まったくの無知

なので、Web制作のこと、ホームページの外注の現実、フリーランスの現状、HTMLやCSS、Progateなどいろんなことを丁寧に教えてくれました。

 

こうやって自分がわからないことを教えてくれる友達がいるのってすごくありがたいなって改めて感じます。

得意な分野はお互いそれぞれ違うのだから、協力し合える関係って最高ですよね!

 

社会のことも冷静に分析しているし、熱量も、将来のビジョンも熱いものを感じたのでYukiくんは、これからもっともっと伸びると思う。

(偉そうにいってごめんなさい(笑))

 

Yukiくんと話して僕も頑張らなきゃって思ったし、もしお互いが協力し合える時があれば一緒になにかできたらうれしい!

 

また一緒にご飯行こうね!

応援してるよ!

 

 

<YukiくんのSNS、ブログ、ポートフォリオ>

twitter.com

yukinishimura.net

yukiportfolio.work