薬学生から医学生、その先へ

薬学部から医学部に学士編入した医学生によるブログ。専門はがん幹細胞。難病疾患の研究環境を変えるべく奮闘中。楽しいこと、面白いこと大好き!!!

医学生チャンネルが目指すもの

スポンサーリンク

f:id:medical-business:20181031012702j:plain

今日は僕が目指す将来的な医学生チャンネルの役割について書きます

 

まずは医学生チャンネルについて簡単に説明します

medium.com

 

医学生チャンネルとは?

 

医学生チャンネルとは僕がプロジェクトリーダーをやっている医学生のための動画メディアです。

今の世の中医学生や医師が運用しているサイトはたくさんあります。

ただ、そのほとんどがテキストベースのサイトです。

 

そこで、医学生チャンネルは

動画

に特化したメディアを運用していきます

 

動画であることのメリットはたくさんあります

  1. 複数人で交流ができる
  2. 表情、声、雰囲気がわかる
  3. 対談、勉強会、進路相談などコンテンツの内容の多様化

などなど。

編集が楽といった運営側のメリットもあります。

 

詳しくはサイトをご覧ください!

医学生チャンネル – Medium

 

 

医学生チャンネルが目指すもの

 

僕は、医学生チャンネルを

「人と人とを繋ぐ架け橋にしたい」

 そう思っています

 

僕はいろんな活動に参加するようになり、SNSを本格的に運用するようになりたくさんの素敵な方出会ってきました。

医学領域のみならず、他分野の方から刺激を受けることがたくさんあります。

むしろ他分野の方から刺激を受けることが多いくらいです。

 

この感覚をできるだけたくさんの人と共有したい

 

そんな気持ちがあります。

 

 

この前、北大の工学部の友達が

「僕のやっていることを医療応用したいんだけど、医療のこと全然わかんないし、きっかけもないし。」

ってぼそっと僕に言いました。

 

医療側の僕は、

「医療とITを掛け合わせたいけど、自分プログラミングできないしな~」

ってずっと思っています。

(現在、Progateで修行中です)

 

この何気ないやりとりから僕は

「単にお互いが接触する場所がないだけで、きっと求めている人はたくさんいる。」

そう感じました。

 

そういった人たちが交流する場所にしたいです。

 

また、今の医療は、医療×AI、医療×ICT、医療×宇宙など医療のみを知っているだけでは対応できない世界に入ってきています。
そういったトレンドをいかに早く掴めるかが勝負です。

 

個々の専門を持ち寄って、トレンドを新しく生む場所

 

そこまでいったら最高ですね

 

 

直近では旭川医科大学、東京医科歯科大学の学生さんとの対談が決定しています。

またコンテンツの内容を医学生に限定するつもりはありません!

 

例えば医学部、工学部、歯学部、経済学部みたいなメンバーでグループトークしたらめちゃくちゃおもしろいと思います。

 

医学を専攻している人と話をしてみたい、自分の専門について他分野の人の考えを聞きたい、いろんな人の参加をお待ちしています!

ご連絡は僕のTwitterまでお願いします !(@kkkkosei777)