薬学生から医学生、その先へ

薬学部から医学部に学士編入した医学生によるブログ。専門はがん幹細胞。医学生チャンネル、難病チャンネル、難病ネットワークの3本のオンライン動画メディアを運営中。難病の世界を変える。

助けたいマーク

スポンサーリンク

f:id:medical-business:20190113162018j:plain

 

こんにちは!

こうせいです!

 

さて、今日はとっても素敵なアイデアを紹介したいと思います。

といっても僕のアイデアじゃないんですけどね(笑)

 

そのアイデアというのが

「助けたいマーク」

 というもの。

 

下の記事に書いてあるように写真の東大生が考案したそうです。

こんなマークです

f:id:medical-business:20190113160503j:plain

 

mainichi.jp

 

みなさんヘルプマークはご存知ですよね。

f:id:medical-business:20190113160153p:plain

そうこのマークです。

ここ数年でじわじわ認知度も上がってきたかなとは思います。

 

このマークは、障がいをもった方や、補助が必要な患者さんが付けるものです。

つまり、

「助けてほしい側、配慮してほしい側がつけるマークです」

   

しかし、この助けたいマークは、

「名前の通り、助けたい側が付けるマークです」

 

めちゃめちゃ素敵ですよね。

助けてほしいという受け身側が意思を表示するのではなく、助けたいという提供側が意思を表示するというシステムは、僕はすごく優しい世界で素敵だなと思います。

 

助けてほしい側も、助けたいマークを付けている人を見つければ、安心して

「助けてください」

と伝えることができますよね。

 

この「助けたいマーク」が普及することで救われる人はけっこういるんじゃないでしょうか。

また、社会貢献をしたいと思いながらも一歩踏み出せない人のきっかけにもなるんじゃないかなあと思います。

 

この発想と優しい世界を作ろうと活動しているこの学生さんに脱帽です。

いつかお話聞きたいですね!

 

「助けたいマーク」

f:id:medical-business:20190113160503j:plain

意外とみなさんの生活の近くに存在していたりして(笑)

明日から注目して生活してみるとおもしろいかもしれません。