薬学生から医学生、その先へ

薬学部から医学部に学士編入した医学生によるブログ。専門はがん幹細胞。医学生チャンネル、難病チャンネル、難病ネットワークの3本のオンライン動画メディアを運営中。難病の世界を変える。

インサイト

スポンサーリンク

f:id:medical-business:20190221153025j:plain

こんにちは!

Makersのハーフウェイブートキャンプのために東京に再び戻ってきたこうせいです。

今日は一泊1800円の上野駅近くのゲストハウスに泊まってます。

3ヶ国語くらいが飛び交っているラウンジで書いてます笑

www.uno-ueno.com

 

 さて、今回は

「顧客のインサイト」

というテーマで書きます。

 

先週、Makersのプログラムの一環で障害者雇用をやってらっしゃる企業さんであるゼネラルパートナーズの進藤社長にメンタリングをしていただきました。

僕の事業案を進藤社長にぶつけた時に

「顧客のかぎかっこの中を知る。」

「顧客のインサイトは何なのか。」

ここが大事と何度も教えていただきました。

 

同時にリーン顧客開発も読んでいたので、その意味の重みがどのくらいのものなのかよくわかりました。

めちゃめちゃ重いです。

 

   

このインサイトの部分って、顧客にヒヤリングするときに実は顧客も気づいていないくらいさらっと出てくる部分であったりするんですよね。

これがむずかしい笑

 

どストレートに一番の悩みはなんですか?って聞いてもその言葉がインサイトとは限らない。

むしろ考えて出した答えって本音じゃない可能性がけっこうありますもんね。

 

また上記のリーン顧客開発には、ヒヤリングの際の注意点、聞き方、メモの取り方、解釈の仕方など、ヒヤリングのエッセンスがわかりやすく詰まっていました。

 

昨日顧客にヒヤリングした時、ヒヤリングの質問の仕方、間の取り方、解釈の見方が変わってる自分を少し感じました。

こうやって少しづつ成長していくのでしょうか笑

 

とにかく、事業をするにあたって

「顧客のインサイト」

は常に意識していきます!

 

今日は短い記事になりましたが、札幌→東京の移動で疲れたので失礼!