薬学生から医学生、その先へ

薬学部から医学部に学士編入した医学生によるブログ。専門はがん幹細胞。アカデミックを目指しながら、事業にも挑戦中。

先入観を持たない

スポンサーリンク

f:id:medical-business:20190309111338j:plain

 

こんにちは!

昨日今日と大阪にきているこうせいです!

昨日は阪大医学部の教授に事業を医学的にみた時のアドバイスをいただきました。

その後、教室の飲み会に欠員が出たということで飲み会にも連れて行っていただきました!

たくさんの先生方、大学院生、研究員、研究室と併設のベンチャーの社員の方にお話を聞いていただいて本当に貴重なお時間でした。

 

 さて、そんなこんなで昨日はどこに泊まったかというと。。。

リバ邸箕面です!

 

快く受け入れてくれた管理人の藤原くん、本当にありがとう。

でも昨日は、藤原くんは、仙台にいるということで会えなかったのが残念です!

阪大でやってる原子物理の話とか聞きたかったです!

 

   

今日は何を書きたいかというと、このリバ邸箕面の住人の方のある言葉がすごいなと思ったのでそれを書きます。

彼は、このリバ邸箕面に僕のように泊まりにくる人がどういった人か一切知らない状態で会うようにしているということ。

昨日も僕が来るまで、年齢も性別もしらなかったのだとか笑

(もちろん、管理人の藤原くんはある程度僕がどういった人間か知っているのでそこでフィルターは通ってるはずです。たぶん。)

まじか!!って思いました笑

 

そして、それはどうしてか?と聞いたらこう返ってきました

 

「先入観を持たないため。」

 

この言葉をスパッと言える彼、本当に素敵です。

続けて、

 

「ゲストがきて、玄関のドアを開けた時の、びっくり箱みたいな感覚が楽しみなんですよ。」

 

ってにこにこしながらいうもんだから、この器の広さはなんなんだって思いました笑

 

確かに、相手の情報を事前に入れると、どうしても自分の過去の経験と照らし合わせて、相手のイメージを作ってしまいますよね。

相手のありのままを知るためにはすごくいい心がけだな〜。

僕は、けっこう相手の振る舞いとかを見て、過去の経験と照らし合わせて先入観もっちゃうタイプの人間なので(最近はそうしないように注意してますが。)、彼の言葉は本当に響きました。

 

(でも、時と場合によると思うので、気をつけね笑)

 

ということで本日はリバ邸箕面からお送りしました!!!

これからどくしょー先生(@ShoichiroMizuno)とご飯!!!たのしみ!!!