薬学生から医学生、その先へ

薬学部から医学部に学士編入した医学生によるブログ。専門はがん幹細胞。医学生チャンネル、難病チャンネル、難病ネットワークの3本のオンライン動画メディアを運営中。難病の世界を変える。

部活の合宿!

スポンサーリンク

f:id:medical-business:20190317182321j:plain


こんにちは!

こうせいです!

先ほど4日間の部活の合宿から帰ってきました!

競技はバドミントンです!

 

普段小難しいことばっかり考えているので本当に楽しい時間でした!

1月末以来に同期や先輩、後輩と再会して、走ったりシャトルを打ったり、同じご飯を食べたり、お風呂に入ったり、スマブラしたり、unoしたり、トランプしたり、人狼したり、もちろんお酒も飲んだり。。。

本当に楽しかったです!

久々に頭が溶けるくらいばかみたいなことしか話さなかったなあって。笑

 

 

やっぱり、こうやってばかなことしゃべったり、笑いあったりする友達って本当に大切だし、ありがたいことだなって改めて実感しました。

 

10月から12月までの間、バドミントン部を休部していた時は、事業だったり、研究だったりに追われ、部活なんかしている場合じゃないと自分に言い聞かせ、何かかっこいいことをしようとしている自分がいました。

でも、どれだけ頑張っても心が豊かにならない自分がいました。

なぜなら僕ひとりだったから。

 

なんか、こう何も考えずにあほみたいに笑い合うことができる友達と共有する時間が休部前に比べて格段に減っていました。

自分の成長のために時間を投資しているのになんだかもやもやしている気持ちがずっと残ってたんですよね。

 

これでは、いくらいろんなことがうまくいっても自分の心は豊かにならないんだなとその時認識しました。

自分には、部活を通した仲間が必要だ。

そう感じました。

   

1月からは、部活にも復帰して、日頃のタスクうまく管理しながらなんとか乗り切ってきました。

友達との笑い合う時間も格段に増え、心が前向きになる時間も増えた気がします。

 

部活に時間を使いすぎるのは考えものですが、やはり部活も悪くないもんだなーっていうのが最近の感想です。

当然運動は身体にもいいですし笑

 

また、こうやって考えられるようになったのは、自分を許容できるようになったからなのかなとも思っています。

今までは、

他の誰かと比べてこうあらなければならない。

とか

あいつは部活せずにこれそれをやっているから自分もそうしなければいけない。

とか。

 

でも、主にMakersのみんなと出会って、人の幸せの形は人それぞれで、自分に合った幸せの形を追求していけばいい。

そう思ったことが今の自分を作ってくれているのかもしれません。

 

まずは、この4日間、僕と一緒に過ごしてくれた部活のみんなに感謝します。

本当にありがとう。