薬学生から医学生、その先へ

薬学部から医学部に学士編入した医学生によるブログ。専門はがん幹細胞。アカデミックを目指しながら、事業にも挑戦中。

試作第1号完成

スポンサーリンク

f:id:medical-business:20190520094037p:plain

昨日、試作の第1号が完成したとの連絡を受け、SATURDAYS CHOCOLATEさんを訪問してきました!

 

出来上がっていたチョコレートがこちら!

 

f:id:medical-business:20190520131703j:plain

f:id:medical-business:20190520131723j:plain


 

ちゃんと形になっていました!

ちなみにカカオ、カカオバター以外の原材料は、普通のチョコレートとは大幅に異なります

事前のお話では、チョコレートとして成り立つかどうか微妙だというお話だったので、これを見たときは、うれしかったですね笑

 

ただ、今回のような特殊な材料で作成するのは、製造の方にとってもはじめてのことだったらしく、材料投入のタイミングなどいろいろ検討しながらだったそうです

本当にありがとうございます。。。

 

ただ、今回のチョコレートは、種子から出る油分が多かったため、少し油っぽさが残ってしまいました。

また、投入した材料が多様なため味がまとまらない笑

とっても複雑なお味でした笑

 

その後、今後の改善策を練るためにSATURDAYSの方4名と僕ら2名でミーティング。

新商品開発の会議さながらの雰囲気でした。

   

ただ、前回とは違うのは、今回は僕に強力な助っ人が!

 

チームメンバーで栄養が専門のさきちゃんにも参加してもらいました!

(僕は栄養についてはど素人なので、彼女の食に関する引き出しの多さにはやはり驚きます)

 

f:id:medical-business:20190520093038p:plain

現時点でのメンバーをちょっぴり紹介

 

 

製造の方とばんばんディスカッションしてるのを僕は「うんうん、そうですね」と聞くことしかできませんでした笑

すみません。。。

 

 

ディスカッションをしていく中で、おいしいチョコレートを作るためには、カカオ類とその他の材料の割合や、チョコレートの風味を増す方法、甘さの付け方、機会を回す時間、温度など本当に考えることが多いんだなと感じました。

特に普段僕は、消費者側しか経験したことがないので、こういった生産者の立場を経験できていることは本当に貴重な経験です。

 

今回SATURDAYSさんは、通常業務もある中で、僕たちの活動のために時間と手間と労力を使って、試作を作ってくださいました。

また、改善策も一緒に考えてくださり本当に感謝の言葉しかありません。

 

いろんな方を巻き込んでいる分、背筋の伸びる思いです。

まだまだ、考えているアイデアの3%くらいしか実現していないのでここからが勝負だと思い、走っていきます!