薬学生から医学生、その先へ

薬学部から医学部に学士編入した医学生によるブログ。専門はがん幹細胞。アカデミックを目指しながら、事業にも挑戦中。

試作4回目完成

スポンサーリンク

f:id:medical-business:20190803190233p:plain

こんにちは!

僕は今、嚥下障害や口腔内障害をもつ患者さんのためのチョコレートを作成しています。

先日、4回目の試作が完成しました!

 

f:id:medical-business:20190803183321j:plain

今回はパッケージもつけてみました

前回と比較して、味がだいぶまとまってきたように感じます。

現在用いている材料では、今回の試作の味が最大だということで次のステップに移ります。

今までは「味」に注力して商品開発をしてきました。

もちろん味は大事な要素です。

味が良くなければ人は食べよう、買おうとは思いません。

 

しかし、僕の作ろうとしている製品は、それと同じくらいに大事な要素があります。

それは、「嚥下しやすい」「咀嚼しやすい」ということ。

おそらくこれが商品開発において最も困難な壁だと思っています。

障害の程度には、個人差があり、どのテクスチャーや形の製品にすればいいかは一概には決まりません。

また、患者さんやご高齢の方にテストしていただこうと思っても、嚥下に障害を持っている方にとっては食事をするという行為は、命に関わる行為です。

ここに関しては、本当に丁寧に進めていく必要があります。

 

商品を開発する中で、どうやったら売れるか、お金が回るかというところに主眼が行ってしまい、本当に届けたい人の姿をイメージできなくなることも多々ありました。

でも、これからは今まではイメージや文献上の知識で語ることもあった患者さんを目の前にして活動していくフェーズに入っていきます。

今まで以上に気を引き締めて活動していこうと思います。