薬学生から医学生、その先へ

薬学部から医学部に学士編入した医学生によるブログ。専門はがん幹細胞。アカデミックを目指しながら、事業にも挑戦中。

1年間の歩み

f:id:medical-business:20200208183417p:plain先日、MAKERS(https://makers-u.jp/)の5期が始まったらしい。

今年も北大医学部から1人選ばれてるのでめっちゃ嬉しいです。 

ちょうどMAKERSの5期が始まった2月4日。

僕は、羽田から新千歳に降り立ち、札幌に向かうバスの中にいました。

1年後どんな自分がこれをみたらどう思うだろうと、保存していた1年前のツイートを見つけました。

 

めちゃめちゃエモい気持ちになりました。

1年前の僕は、The意識高い大学生。自分をかっこよくみせることに一生懸命でした。

MAKERSに入れば、僕もかっこよくなれるかもしれない。

そう思い、意気揚々と乗り込んでいったのを覚えています。

蓋を開けてみると、会社の社長です。っていう学生がたくさんいて一気にいろいろぶち壊されましたけどね(笑)

最初はめちゃくちゃ自信喪失しました。。。

 

でも、MAKERSの中で自分と向き合い、もがいて、同期と語り合い、メンターの方とディスカッションをし、少しづつ自分の進むや生きていく上でのスタンスが見えてきました。

また、ひとつ言えるのは、MAKERS生は良いやつ多すぎということ。

みんな価値観や活動領域は違うのに、MAKERSという場所を大事にしたいと思っているからなのか、運営側の価値観が伝播しているのかわかりませんが、一番安心できる場所です。

MAKERS生なら僕の言ってる意味がわかる人が多いと思います。

でも、MAKERS生でないとなかなかわからない感覚なのではないでしょうか。

 

また、事業をしながら生きているとなかなか相談しづらいこと、SNSでは言いづらいことがいくつも出てきます。

そんなときに、MAKERSの成田ゼミのSlackが僕にとっては本当に救いの場所になっています。

札幌にいて、普段なかなか会えないからなおさらこういう繋がりがあるのはありがたい。

 

↓ 実際にもやもやが爆発したときにゼミメンバーに書いたメッセ。

f:id:medical-business:20200208182051p:plain

ビジネスをする上でのスキルを身に付けることができたことと同じくらい、もしかしたらそれ以上に「心理的安全を担保した場所」をひとつ持つことができたことが、今後僕の人生において大きな意味を持つことだろうと思います。

 

また、昨日僕の会社のオフィスとなっている13ラボ(https://www.13labo.com) のオーナーのぎゃわさん (@gyawan24)

「一年前に、今の自分想像できた?」

って聞かれて、

「いえ、全く想像できませんでした。お前誰って感じです。」

と、即答するくらいには、想像できない今があります。

 

そんな今の自分を形作るきっかけをくれたMAKERSという場所を、5期生のみんなが楽しんでくれることを願っています。

そして、ちょう速報ですが、中村は、今期開講されるクロコムに参加することになったので、5期生のみなさんどうぞよろしくお願い致します!

みなさんからたくさん学ばせてください!